近郊温泉ナビ

東京ドームシティ

東京ドームシティ内に建てられた天然温泉の名称は「Spa LaQua」です。
東京で人気を集めている温泉施設のうち、東京ドーム温泉は一風変わったスタイルをとっています。
都会的な空間を重要視しているため、天然温泉になっているけど宇宙空間のような幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

 

施設内に一歩踏み入ると、これまでとは世界が変わったような感覚がします。
中でもサウナはかなり個性があります。
低温サウナを確認しただけでも5種類あり、各サウナで効能が異なります。
アンチエイジング効果が見込める黄土房、心身の癒しをテーマに作られた彩輝房、マイナスイオンと遠赤効果がある蒼海洞があります。
それから、デトックス効果が望める橙幻宮、良性の酸素を体内に多く吸収できるという紅セイ洞が設置されています。
東京の温泉といっても低温サウナの数がこれほど充実しているところはなかなかあるものではありません。

 

低温サウナで温まった身体を気持ちよくクールダウンする時は、翠爽房が一番です。
他のお店にもよくある塩サウナや高温のミストサウナ、また中低温サウナも利用できます。
時間になるとロウリュが行われます。
ロウリュとは、サウナストーブにアロマオイル入りの水をかけ、即座に蒸発させるサービスを指します。
その他、東京の中心部に設けられていながら、露天風呂から大きな内湯、足湯、バブルピットという名の座湯まで揃っていて、数多くの種類が揃った温泉施設になっているのです。
さらにトリートメント・ビューティーフロアでは、世界の各国に存在する美容関連の施術を経験することができます。
「Spa LaQua」が構えられた東京ドームシティは、バリエーション豊富な施設が混在するので、温泉・エステ・食事・遊園地などを利用して心身をリフレッシュできるようになっています。

温泉と湧水の違い

温泉と地下水。似ているようで似ていないこの両者。違いが分かりますか?温泉とは地中から湯が湧き出す状態や場所を指します。湧水は山間部に降った雨や雪が地表を流れずに湧き出すもので、地下から水が湧き出る状態を指します。また湧き出ない地下水を汲み上げた物が天然水で、俗に言うミネラルウォーターです。ミネラルウォーターは天然水以外にもミネラルを添加したり調整した水もありますが、その中でもろ過や熱処理以外の処理を行っていない水をナチュラルミネラルウォーターと言って区別されます。現在ではウォーターサーバーを置いている家庭も多くなり、天然水が珍しくありませんが、昔はめったに手に入らない為、山奥まで汲みに行ったりするのがふつうでした。現在では天然水を扱うウォーターサーバー会社も珍しくなくなり、いつでも手軽に美味しい水を飲む事が出来ます。