近郊温泉の泉質

近郊温泉の泉質

東京に立地する温泉でしきりに出会う泉質は、ナトリウム-塩化物強塩泉なるものです。
「熱の湯」と呼ばれる温泉がこの泉質で、温泉に含まれる塩分に保温効果があるため身体を芯まで温めてくれます。

 

殺菌効果や鎮静効果などが期待でき、切り傷から皮膚病などまでも肌トラブルに役立つ効果が有名になっています。
そして、疲労回復や健康増進といった点でも効果が期待できます。

 

東京で人気の「深大寺温泉」「稲城天然温泉」「大江戸温泉」「府中駅前温泉」「八王子温泉やすらぎの湯」など数多くの温泉は、この泉質です。
東京に存在する温泉で次に多く見受けられるのはアルカリ単純泉という泉質となります。
温泉に入った後つるつるの肌になるのはこの泉質によるもので、小さな子どもや肌が弱い人でも、肌への刺激が大変少なくなっているので安心して入ることができます。

 

美肌の湯として知られる温泉は、この泉質をもつ温泉に間違いありません。
肌が刺激に弱いアトピー性皮膚炎の人にも効果が見られるため、この泉質はとても人気があります。
東京で評価の高い温泉の中でいうなら、「奥多摩温泉」「秋川渓谷瀬音の湯」「河辺温泉」がこの泉質を備えています。

 

硫黄泉の効能は幅広く、関節痛・筋肉痛・肩こり・神経痛に対する効果に限らず、高血圧や動脈硬化にも効き目があるでしょう。
東京の硫黄泉の温泉としては、「鶴の湯温泉」「岩倉温泉」「松乃湯温泉」「蛇の湯温泉」といったところがあります。

 

どんな温泉に入っても平気な人は良いのですが、体質次第では一番好きな温泉でも好ましくない場合があります。
訪れる前に泉質を把握して、自分の体質に適した温泉を選ぶようにしましょう。