風水の温泉

風水の温泉

東京で人気を集めている温泉と言うと「深大寺温泉 ゆかり」があります。
新宿から調布まで特急を利用して15分かかり、その調布から直通バスが運行している深大寺温泉は、東京に存在する温泉の中でも都心寄りの温泉と言えるでしょう。

 

都心からそう離れていないところにありながら、深い緑を楽しむことができるのが深大寺というところです。
この「ゆかり」は東京の温泉では馴染みの薄い、風水の観念と波動術を用いて構成されています。
風水とは中国から伝わる考えで、自分の本来もっている力と自然の力を融合させることにより自分にとってより良い運を呼び込むという発想です。

 

そして波動術というのは、ストレスの蓄積されたマイナスに傾く身体を温泉のパワーをもって中和させることを志す方法です。
温泉に入るその前に、自分の願望を思い浮かべてみましょう。
風水温泉ならではですが、己の持つ願望をもとにして入る温泉の場所が異なってくるのです。

 

もしも金運上昇を願うのならば白虎と言う文字の書いてある場所でゆっくり浸かると効果が表れやすくなるというような具合です。
自分の願望に適した場所で温泉に浸かることによって、運気を向上させるというのです。
東京でも滅多に見れない温泉が並ぶ「深大寺温泉 ゆかり」には、トータルで12種類の温泉があります。

 

どの温泉もみな、風水や波動術の思想が入っています。
天然自然石を取り入れているのは、波動術との関連を示しています。
温泉施設で使用している炭・竹・タタミ・檜・水晶・麦石にしても、化学製品ではなく何もかも天然素材が取り入れられているのです。
体内環境のコントロールを重要視している深大寺温泉に、一度出掛けてみてはいかがでしょうか。