テーマパークのような近郊温泉

テーマパークのような近郊温泉

「大江戸温泉物語」と称されるところは、温泉テーマパークの分野に所属します。
家族みんなで満足できる施設がたくさんあるので、数多くの人から良い評価が集まる温泉の一つです。

 

東京のベイエリアに位置する「大江戸温泉物語」は、日帰り温泉を満喫するスタイルの施設ではありません。
日帰りには惜しいほどのスポットが数多くあるので、宿泊施設もしくは簡易宿泊施設で泊まって、二日に渡って心ゆくまで楽しみましょう。

 

中でも東京にある大型温泉施設でもあまりない宿泊施設は、露天風呂が楽しめるお部屋が備わっており、他のお客さんの目を気にしなくても温泉を満喫することができます。
もちろん、リーズナブルなお部屋もたくさんありますし、男性専用の簡易宿泊施設も人気があります。

 

男性が簡易宿泊するための施設である黒船キャビンにおいては、仮眠室では味わえない個室でゆっくり休むことができます。
和の趣のあるカプセルホテルと言うと分かりやすいかもしれません。
東京の都心から近い場所にあるため「大江戸温泉物語」では、温泉での癒しより遊びや買い物に目が行ってしまう人が多いことでしょう。
そうですが、温泉自体も十分内容が良いのです。

 

男女各露天風呂は十分なスペースが確保されていますし、女性には桶風呂も取り扱われています。
さらに、4種類の絹の湯・ぬる湯・寝湯・百人風呂という充実した内風呂も好評を博しています。
ましてや天然温泉になりますので、効力を体感できます。
サウナも一般的な高温サウナと、女性にはミストサウナが提供されています。
「大江戸温泉物語」はここ以外で千葉県浦安にも「浦安万華鏡」というグループ施設を持っています。
さらには、静岡県にも「すんぷ夢ひろば」なる似たような施設があり、至る所で温泉の魅力を味わうことが可能なのです。